2010年10月09日

リサイタル2010



マエストロ高須博、2010年のリサイタルが終了いたしました。


☆名古屋公演は、2年目の宗次ホール。

プログラムが進むにつれ、客席の温度がどんどん高くなる!

感嘆のため息に、「…すごい!」の声が交じりはじめ、
アンコールでは客席中が、笑顔の花でいっぱいでした。


☆東京公演は、初の会場となった 横浜関内ホール。

「華やかな演奏なのに、心が静かに澄んでいくような心地」
「インパクトのある、異彩を放つ演奏」


などなど。
きら星のような称賛の言葉が届いております。


あの熱こそ、ロマン派の心。
聴く人々の心を巻き込んで、一緒に上昇していく 音楽の竜巻

喝采の夜
今年も、素晴らしい夜でした!!!


* * *

お待たせいたしました。
今年もコンサートの感想等々、コメントお待ちしております。
(なお、迷惑コメント対策のため、承認制となっております。
 ご理解ご協力お願いいたします。)

* * *
posted by pupil at 23:55| Comment(12) | 公演の足跡(2006〜2010)
この記事へのコメント
プログラムを見た時から、今年はまた格別に胸高鳴る、力が漲ってくるような感じでした。

そしてコンサート当夜。
音楽を聴いて、あのように強く光に満ちて、そして深い心持ちになるとは…。

輝かしい演奏でした。
ありがとうございました。
Posted by tamako at 2010年10月10日 11:21
どの曲も非常に面白く楽しめましたが、「マゼッパ」に特に感動しました。
ピアノが起き上がってきたように感じました。

高須先生の演奏を聴き始めてから、8年になります。
来年も楽しみにしています。
Posted by T.M. at 2010年10月11日 15:36
毎年、すっごく演奏会を楽しみにしています。

今年は多くの作曲家の曲が聴けて感激しました。
私はブラームス・チャイコフスキーも好きですが、
一度ドビッシ−をお聴かせくださいませ。

どうぞ御身体を御自愛下さい。
Posted by k.k at 2010年10月11日 21:03
演奏会前夜から【マエストロ高須博】今回はどの様なグランドオーケスレーションをお聴かせ下さるのか楽しみにしておりましたが、想像以上の演出で、始めて演奏会を拝聴された方は、ただただびっくり!驚いた!
神業のテクニック!ピアノ一台であそこまで表現できるとは!ピアノの弱点も克服、利点は最大限に活用、無駄のない有効的活用法実践演奏家♪《タウジッヒ》モニウスコ歌劇「ハルカ」幻想曲が気に入りました。
先生は宇宙からやってきた”マジシャン”
Posted by kumiko.H at 2010年10月12日 11:07
マルトゥッチの詩的喚起力に酔いました。
隙の無いプログラム、失礼ながらますますコントロールのきいたテクニック驚きです。
毎年楽しみに伺っておりますが、本年は一層わくわく致しました。
おそらく高須魔法使い様には隠された別の世界もおありのように思えます。
次回まったく様相の違うプログラムも、欲深ながら夢見てしまいます。
Posted by idee at 2010年10月12日 12:11
いつも完成度の高い演奏で、音楽性も技術も益々素晴らしいものと感じました。

又、来年も楽しみにしています。
それまでお体に気をつけて頑張って下さいね!
Posted by k.tamanaha at 2010年10月12日 20:12
マエストロが初めて名古屋で演奏された時より、ずっと聴かせて頂いております。
そして毎年、まるで大きな波を浴びるように、先生の音楽を楽しんでおります。

ところで、作曲家のリクエスト、僭越ながら私も…。
何年くらい前でしょうか、先生のショパンの演奏を聴いて、このようなショパンがあるのかと、その素晴らしさに大変感動いたしました。

また聴くことが叶いましたら、とても嬉しく存じます。

今年もありがとうございました。
Posted by chizuko at 2010年10月13日 00:07
たいへんよかった。
演奏の中での「歌」が、より豊になっていると感じました。
コドウスキー(ショパン)革命は、今回の演奏が最もよかった。

私の好みは「ショパン・リスト・ラフマニノフ・シューマン」などですが、原点に返って“ショパン/練習曲(原曲)”の演奏もまた聴いてみたいと思います。
また(私はまだ)聴いていない“リスト/超絶技巧練習曲マゼッパ”もぜひ聴いてみたい。

きょうも、すばらしい演奏をありがとうございました。
Posted by 安達 at 2010年10月13日 20:11
毎回お聴きしていますが、毎回同じ様に感服しています。
アンコールでは4曲も弾いて下さいましてありがとうございました。

色々大変なこともおありでしょうが、来年も楽しみにしておりますので宜しくお願い致します。
お身体お大切に!
Posted by m.eiko at 2010年10月13日 20:20
今宵も偉大なるピアニストのマジックに陶酔いたしました。
やはりマエストロの音は想像を絶し、将に「無我」の境地となりますね!
今年も期待以上、素晴らしさに拍手・拍手・拍手!!!
Posted by k.chiaki at 2010年10月13日 23:10
クラシックについては、全くの素人ですが、演奏に圧倒されました。
時には激しいオーケストラのように、時にはやさしい囁きのように、
ピアノ一台でこんな幅広い表現ができるのかと感じました。
是非、次回公演も伺いたいと思います。
Posted by hayashi at 2010年10月19日 22:49
2011/10/14 今夜もマエストロ【高須 博】は素晴らしいテクニックで私達を魅了させてくださいました。
先生の指は20本あるの?

リスト超絶技巧では【マッゼパ】アンコール曲のパガニーニ編曲の第5番【狩】等楽しめる内容でした。

ホロビッツ編曲【死の舞踏】深夜12時を告げる鐘の音から始まる序述は瞼を閉じると骸骨達が魂を与えられ暫し楽しい時間を過ごす様子が滑稽な雰囲気を…今夜の後半に聴かせて頂いた、グルックの(オルフェオ)より《精霊の踊り》と重なり。とても充実した内容でした。
ブラボー!アンコール曲はいつもの左手だけの【革命】まで5曲ですよ!! 
ホロビッツ編曲:カルメン幻想曲・モーッァルト編曲:アヴェ.ヴェルム.コルプス 最高に魅了させて頂きました。  東京公演応援しております! 
Posted by kumiko.H at 2011年10月15日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。